02.05 「子供の日」をわごころで祝いましょう!

 
もう少しで日本ではゴールデンウィーク!4月29日から5月5日までは長い休暇なので、日本人にとっては自由、旅行などの楽しみが待っています。4月29日は昭和の日(昭和天皇の誕生日)、5月4日はみどりの日、そして5月5日は待ちに待った「子供の日」!別名「端午の節句」とも呼ばれます。子供の日には、子どもたちの個性を尊重し、喜びを祝います。代表的な行事として「鯉のぼり」が全国的に掲げられ、大きな黒い鯉はお父さん、二番目の赤い鯉はお母さん、そして青い鯉は子供達を意味します。
子供の日を記念して、お子様と一緒にご家族で是非ご参加ください。
 

日時: 2021年5月2日(日)15:00-16:30 (17:00)

スケジュール
15:00-16:30
  • プレゼンテーション子供の日(端午の節句)
  • 墨絵「鯉のぼり」を日本画家の寺尾先生と一緒に描いてみましょう!
  • ドイツ人の方に「当て字」でお気に入りの漢字を見つけるお手伝いをします  
  • もちアイスを一緒に作りましょう!

寺尾先生の作品やインスタグラムはこちらをご覧ください

16:30-17:00

わごころカフェ (ドイツ語開催、希望者のみ)

参加費:

会員:  8ユーロ(送料込み)
一般: 10ユーロ+送料5ユーロ
(会員の方の送料は年会費からお出ししますので、今年分の年会費を同時にお納めください)
新会員募集中 こちらからどうぞ!

参加費に含まれるもの:

  • 上から水彩画を塗ってもにじまない「青墨筆ペン(日本製)」1本
  • 画仙紙ポストカード 10枚 (お子様と一緒に参加される場合、更に5枚ポストカードプレゼント!)
  • ドイツで入手可能な「もち粉」 400g

当日までにご用意いただきたいもの:

  • 水彩画セットまたは色鉛筆
  • アイスクリーム (バニラ、フルーツシャーベットなどお好みで)
 
申込締切は4月23日(金)です。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
 
お申込フォーム

Oshougatsu – Neuesjahr in Japan /日本のお正月

Miina-chan explained the Japanese New Year (Oshougatsu) in English. In Japan the New Year is more important than Christmas. There are so many things to enjoy, such as Osechi, Otoshidama, Hatsumoude, Play and New Year’s Decoration. Please watch this Video so that you would feel a little bit of Japanese New Year! Wishing you all the best for New Year!

Shimenawa Neujahrs-Dekoration /お正月しめ縄飾り

What is Shimenawa?

Shimenawa acts as a “barrier” that separates the realm of God from this world, and inside becomes a safe place. So the gods feel at peace of mind. They are often found at Shinto shrines, Torii gate. They are usually placed after Christmas, with an exclusion of December 29 and 31. On Dec. 29 is assosiated with 9 (KU苦=Bitter, pain) and on Dec. 31 is “one-night decoration“. We should avoid these 2 days. Wishing the New Year’s gods will bring you good luck and happiness for coming year! =================================================

Was ist Shimenawa?

Shimenawa wirkt als “Barriere”, die das Reich Gottes von dieser Welt trennt und im Inneren zu einem sicheren Ort wird. So fühlen sich die Götter beruhigt. Sie werden oft in Shinto Schreinen, dem Torii-Tor, gefunden. Sie werden normalerweise nach Weihnachten platziert, mit Ausnahme des 29. und 31. Dezember. Am 29. Dezember wird mit 9 assoziiert (KU 苦 = Bitter, Schmerz) und am 31. Dezember ist „One-Night-Dekoration“. Wir sollten diese 2 Tage vermeiden. Wenn Sie den Göttern des neuen Jahres wünschen, werden Sie viel Glück und Freude für das kommende Jahr haben! =================================================

しめ縄とは?

しめ縄は神の領域と現世を分け隔てる『結界』として機能し、内側は安全な場所になります。ですから、神々は心の安らぎを感じます。通常、神棚や鳥居の神社に飾られます。 お正月用のしめ縄飾りは、12月29日と31日を除いて、クリスマスの後に配置されます。 12月29日は9(KU苦=苦味、痛み)に関連付けられ、12月31日は「一夜限りの装飾」となり神様に失礼に当たります。この2日間は避けて飾りましょう。 新年の神々があなたに来年の幸運と幸せをもたらすことを願っています!

 

Zoom Neujahrs-Dekoration オンラインしめ縄講座の様子