門松

門松(かどまつ)はお正月に門の前に立てられる松や竹を使った正月飾りのことです。松飾り飾り松立て松とも言われます。

は神が宿るとされる樹木で、生命力、不老長寿、繁栄の象徴と見なされています。日本ではお正月に門の前に一対(2つ)飾ることで、神様が新年に降りてくるときの目印となります

 

いけばな子供教室

「いけばな」でこんな力が身につきます。

  • 花をいける時、1つ1つの花や枝をじっくり見るため、観察力と集中力が養われます。
  • 花や枝は切ったら元に戻せないので、花材をいかすためにどこで切るか、決断力がつきます。
  • どんな風にいけるか、仕上がりのイメージを膨らませるため、想像力が働くようになります。
  • イメージ通り作品を仕上げるには、順を追って作業を進めるため、段取り力が養われます。
  • 花が綺麗にいけられたら、心の喜びとなり元気になります。

初心者大歓迎です。学校などのイベントへいけばなワークショップもいたします。

季節のお花に触れて、四季を楽しみましょう。 Continue reading “いけばな子供教室”